植毛に関する訴訟とは?

アメリカは日本とは比べ物にならないくらい、薬の開発も盛んであり、AGA治療についてもその例外ではありません。様々な育毛方法や薄毛治療の方法があり、AGA治療薬として使われているフィナステリドもミノキシジルもアメリカで開発されました。薬品の開発に積極的なアメリカであるからこそ、こうした新しい薬や治療法をめぐるトラブルも多くあります。

 

訴訟大国でもあるアメリカでは、こうしたトラブルをめぐってたくさんの訴訟が起こされています。アメリカでも多くの人が行っている自毛植毛についても訴訟が起こっています。訴訟の内容としては、悪質な業者が患者に自毛植毛のリスクを明確に伝えずに起こった頭皮や毛髪、身体への悪影響を訴えるものがほとんどです。技術もないのに手術を行った、粗悪な素材を使ったために頭皮や毛髪に大きなダメージを与えたなど、患者の健康への影響は小さくありません。こうしたトラブルを受けて、アメリカでは人工毛植毛は違法とされています。

 

日本ではまだ受けることのできる人工毛植毛ですが、日本にも悪徳な業者はいないわけではありません。植毛手術を受ける際には治療実績のある、信頼できるクリニックを選ぶべきです。もちろん、植毛は保険の対象にならない治療ですので、患者の負担はとても大きなものです。費用が安いにこしたことはないと思いますが、健康は費用には替えられません。後になって後悔することがないように、しっかりと調べて納得のいく説明の元、信頼できる医師やスタッフにお任せしましょう。