AGAの治療を行う場合の通院期間は最低でどのくらい必要か

M字ハゲの髪型

AGAの治療を行う場合、一体どのくらいの通院期間がかかるのでしょうか。これは、専門クリニックによっても見解が別れる部分です。AGAの治療に用いられる薬として、広く知られているのがプロペシアとミノキシジルです。

 

AGAは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが毛母細胞に悪影響を与え、ヘアサイクルを乱れさせる事で起こる症状です。このDHTは、テストステロンと5α-リダクターゼという2つの物質によって発生します。プロペシアは、この5α-リダクターゼと呼ばれる物質を阻害する働きを持った薬です。一方のミノキシジルは、発毛を促進させる働きを持つ薬として、使われています。

 

どちらの薬も、効果を実感するまでにはおよそ半年かかると言われています。勿論、効果を実感する為には、半年間継続的に薬を用いる必要があります。その為、通院期間として半年は必要になるという事を、念頭に置いておくべきでしょう。

 

ただし、AGAは厳密に通院期間が終了する時期が定められていない症状です。例えば、抜け毛が減ったらそれで良いという方もいれば、しっかりと発毛効果を得たいという方もいるでしょう。このように、本人がどのような治療を求めるか?という事によっても、通院期間は変わるのです。当然、高い効果を得ようとすればするほど、通院期間は長くなります。その為、自分自身はどのような症状の改善を望むのか、それにはどのくらいの期間が必要になるのかを、事前に医師に相談してみる事をオススメします

 

AGA治療の専門クリニックである、AACクリニック名古屋は、数多くの学会に参加している事でも知られています。日本抗加齢医学会、ヨーロッパ毛髪研究学会、国際毛髪学会など、日本だけでなく世界の学会にも参加しているほどです。そんなAACクリニック名古屋の特徴としては、土曜と日曜も診察を実施している事が挙げられます。これなら、平日は仕事でなかなか通院できないという方も、定期的に通院できるでしょう。

 

また、AACクリニック名古屋では、アドバイザーによるカウンセリングも実施されています。このカウンセリングでは、疑問、質問、相談などが行えます。しかもカウンセリングは無料で実施されており、カウンセリングのみの利用も可能となっています。

 

さらに、カウンセリングによって、どのようなAGA治療を望むのか?といった目的も明確にする事が出来ます。例えば、現状をキープしたい方には、経口薬による治療が行われます。そして、発毛を希望する方には、経口薬や外用薬が処方され、症状に合わせたトータルケアが提案されます

 

しかもAACクリニック名古屋では、ホームページに初診費用や再診費用が掲載されています。その為、AGA治療にどれだけの費用がかかるのか?という、多くの方が不安に感じている事を解消してくれます。費用だけでなく、ホームページには診察の流れも掲載されているので、どのような検査が行われるのかも知る事ができます。そこで、診察における流れを把握したいという方は、是非ホームページにアクセスしてみて下さい。