治療が困難なAGAと同じ症状を引き起こす女性薄毛とは

若い女性

女性薄毛にも、いくつかの種類があります。中でも、AGAと同じ症状とを引き起こす女性薄毛は、女性男性型脱毛症と呼ばれています。生え際の後退、頭頂部の薄毛、毛髪のハリ・コシがなくなる、毛髪が細くなるといった症状は、まさにAGAです。

 

しかし、そもそも女性の体内には男性ホルモンはそれほど多く存在していません。その為、女性男性型脱毛症の場合は、ダイエットや更年期障害、精神的なストレスなど、いくつかの原因が重なる事で起こると考えられています。

 

このように、原因がいくつもある場合には、原因を突き止めるのが困難となります。それゆえに、専門クリニックで治療を受けても、満足の行く効果を得られるかどうかはわかりません。その上、AGAの治療で用いられているプロペシアも、女性薄毛の治療には用いる事ができません。

 

プロペシアは副作用の関係で、女性の服用が禁じられている薬です。こうした薬の事も、女性男性型脱毛症の治療を、より困難にしている要素の1つと言えるでしょう。

 

では、プロペシアが使えない女性男性型脱毛症では、どのような治療が行われているのでしょうか。ミノキシジルは問題なく使える事から、ミノキシジルの活用と生活習慣の改善といった治療が、一般的です。

 

生活習慣の改善では、使用するシャンプーを弱酸性のアミノ酸系に変える、栄養バランスの良い食生活を送るといった事が挙げられます。こうした治療は当然1人で行う事は不可能ですので、専門クリニックに足を運び、診察を受けるべきでしょう。