M字型の場合にかかる費用

AGAドクター

M字型の脱毛、薄毛は生え際を中心に、前髪が後退していくことを言います。女性には少ないですが男性には最も多い症状と言えます。多くの場合は育毛剤やAGA治療を病院や専門クリニックで受けて対策をされるかと思いますが、近年は自毛植毛という対策を選ぶ人達も増えています。そこで当サイトでは代表的な自毛植毛クリニックの費用を比べてみたいと思います。芸能人も多数治療を受けている自毛植毛クリニックを厳選して比較してみました。
アイランドタワークリニック

まずアイランドタワークリニックです。アイランドタワークリニックはストリップ法とダイレクト法があります。M字修正、生え際の場合、ストリップ法で100〜1000グラフト本数にすると200〜2000本を植える場合、302,400〜1,080,000円になります。内訳は基本治療費が21万6千円、自毛植毛費が8万6400〜86万4千円になります。ダイレクト法の場合は270〜2700本を植える場合、345,600〜1,512,000円です。内訳は基本料金が21万6千円で同じですが、自毛植毛費が12万9600〜129万6千円になります。

ルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニックは植える本数によって料金が変わります。M字型の場合はそれほど本数が多くなりませんので、500グラフトで80万円、750グラフトで120万円になります。ただし、自毛を切って植える方法を選ぶ場合、500グラフト72万円、750グラフト92万円になります。

ニドークリニック

ニドークリニックはどうかというと、面積によって異なります。やや交代した場合なら50万円、頭頂部付近までなら80万円、全体的に後退しているようなら105万円になります。

 

≫≫各AGA治療クリニックの詳細はこちら

頭頂部型の場合にかかる費用

頭頂部型は髪の毛の集中するところ、つまりつむじのあたりから薄くなっていきます。ではこのタイプで自毛植毛する場合の費用はどうなのでしょうか。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックでは本数によって決まりますが、生え際、M字型よりも植える本数は多くなりますので、先ほど示した価格の最大値である108万あるいは151万2千円に近い数値になるでしょう。

ルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニックでは、植える本数がM字型より多くなりますので、1000グラフトで160万円、1500グラフトで224万円となります。最大3000グラフト384万円まで選択可能です。切って植える方法なら、1000グラフト120万円、1500グラフト165万円です。

ニドークリニック

ニドークリニックは高等部が円形に脱毛しているなら105万円、脱毛が頭頂部から進行しているなら125万円、頭頂部も前頭部も後退しているなら125万円になります。ほかにも髪の毛が全体的に脱毛してしまっている場合は146万2500円、前頭部の脱毛が後頭部まで進行してしまっている状態なら165万円となります。

 

このように、脱毛の範囲、広さ、自毛を植える本数によって料金は異なります。またM字型脱毛よりも、頭頂部型脱毛のほうが料金は安いようです。あなたの脱毛タイプをしっかり判断し、適した自毛植毛クリニックを選びましょう。

自毛植毛をしたことを周りに気付かれないようにする為には?

生え際を気にする男性

自毛植毛手術を受けた直後の頭皮には、もちろん流れるような出血は拭き取っていますが、移植植毛した部分に赤い血の跡が残ってしまいます。手術の2日目からはシャンプーはできるようになりますが、1週間程はシャンプーといっても移植部に泡を付けて流す程度しか洗えません。移植数日ではまだ、植えた髪の毛(毛包)は生着しておらず、強く洗うと抜けてしまう場合があるので注意が必要です。

 

この時に移植部位に小さなカサブタが出来る場合があります。このカサブタは無理に取ってはいけません。この場合も一緒に植えた髪の毛まで抜けてしまう場合があります。クリニックによっては、手術直後移植部分にジェル状のシートを貼るところもあります。これによって傷口にカサブタが出来にくくなり、傷の治りを早める事が期待できます。このジェル状のシートは術後2〜3日程でクリニックで剥がすようになっています。

 

しかし、このシートを使用しても傷口の赤みは若干ですが、目立ってしまう事があります。このように手術から1週間程度は頭皮に赤みが出る場合があります。最初に自毛植毛をしたことを周りに気付かれやすいのがこの時期です。特に生え際部分に移植植毛した場合は他人からも見えやすい部分なので注意が必要です。前髪を下ろしたヘアースタイルなどで生え際を隠すようにする事ができます。ただ、隠すような前髪がない場合は、術後1週間程度はボウシ等を軽くかぶって隠す事で対応できます。

 

術後1〜2週間もすれば赤みは無くなってきているので、あまり目立たなくなります。移植した短い毛は術後1ヶ月位で一度抜けます。ただそれまでは移植部分にこの短い毛が残っているので、この事が気になるようであれば、暫くの期間は前髪を下ろしたりボウシ等を使用する事で、自毛植毛をしたことを周りに気付かれないようにする努力が必要かもしれません。

 

特に若い人に多いパターンですが、自毛植毛を生え際だけに望まれる方がいます。もちろん、自毛植毛によって生え際部分だけの毛量を増やす事はできます。ただ、問題なのは手術後に薄毛が進行していまった場合です。自毛植毛で薄毛が進行する事はありませんが、薄毛の進行を止める事はできません。薄毛が進行してしまうと、新しく移植植毛した生え際部分だけの髪の毛が残ってしまい全体のバランスが悪くなってしまう場合があります。こうなると自毛植毛をしたことを周りに気付かれやすくなってしまいます。

 

このような事の予防策としては、ご本人が生え際部分だけの植毛を希望されても、将来の薄毛の事を考えて植毛範囲を少し広げて植える事です。これにより、薄毛が進行してしまった場合のバランスの悪さの軽減ができます。もう一つは自毛植毛後も薄毛対策をする事です。将来の事を考えて育毛剤の使用や薬による治療等も併用される事がお勧めです。